歯周病治療やリグロス歯周組織再生療法で歯を残し口臭改善を

沼澤田無駅前歯科:各種保険取扱い 新患・急患随時受付

保険治療もやさしく丁寧な歯科診療

042-497-4980

9:00-13:00 14:30-19:00/18:00

歯周病治療

歯周病悪化させると
歯がなくなる?

歯周病とは歯周病菌により顎の骨が解かされる病気で一般的に「歯槽膿漏」と呼ばれています。

初期状態では歯ぐきに炎症が起こり、腫れたり出血したりします。悪化すると膿みがでてきて顎の骨が溶けていき、歯を支えている組織が破壊され、最終的には歯が抜けてしまします。

歯周病はかなり進行しないと症状が出てこないので、早いうちの治療が大切です。

歯周病進行段階

軽度歯周炎:危険度★★

軽度の歯周炎は歯茎が少し赤みを帯び腫れた状態になります。
軽度歯周炎の場合の目安は歯周ポケットが3~4mm程度と言われています。
この段階での治療法は、プラークや歯垢をスケーリングなどで取り除き、正しいブラッシングを毎日することです。

中度歯周炎:危険度★★★

中程度の歯周炎になると、口臭がおこり、歯茎が化膿します。ブラッシングをした際に膿がでることもあります。
歯周ポケットは4~5mm程度です。この段階での治療法はスケーリングやレーザー治療器などを使用して治療をしますが、歯周ポケットが5 mm以上深くなるとフラップ手術をする場合があります。フラップ手術は局所麻酔後、歯茎を切開し、隠れているプラークや歯石を取り除き、歯周病の進行を止める手術を行うことがあります。

重度歯周炎:危険度★★★★★

重度の歯周炎になると、歯がグラグラして、歯と接している歯茎がさらに腫れ、化膿が進みます。歯と歯の間が広がり、歯茎が下がって、歯が長く見えます。
この段階の治療法は再生療法を用いて歯周組織の再生をはかるかことが多いです。しかし、ここまで進行すると抜歯になる可能性が高くなります。

あなたの歯は大丈夫?
チェックしてみましょう!

Check.01

毎日の歯磨きで出血はしていませんか?

Check.02

歯茎が赤く腫れていたり、なんとなくしまりがなく、ブクブクゆるんでいる感じがしませんか?

Check.03

口臭が続いていていませんか?口臭が続いたいたら要注意!本人は気付きにくいものですから家族などが知らせてあげましょう。

Check.04

なんとなく、どこというわけではないけど、痛い・かゆい・不快だと感じたら要チェック。

※以上の4つの項目に1つでも当てはまるようでしたら、当歯科医院へご相談下さい。

リグロスを用いる
歯周組織再生療法

リグロスの主成分「ヒトbFGF」は、骨や筋肉などの細胞の増殖や分化を促して、成長させるタンパク質です。この成長因子「bFGF」の作用により歯周病で破壊された歯周組織の周囲にある細胞を増やし、さらに血管を作って細胞に栄養を送り込むことにより、歯槽骨などの歯周組織が再生されます。

この治療を受けることで、進行した歯周病でも歯を抜かずに治療できる可能性があります。
また、このリグロスは、2016年から保険適応が認められた唯一の歯周組織再生薬です。

リグロスによる歯周組織の再生

治療の流れは、フラップ(切開)手術で、プラーク・歯石などを取り除いた後に歯槽骨の欠損部にリグロスを塗布し、歯を支えている歯周組織の再生を促します。

※リグロスと同じ成分は、すでにやけどや床ずれなどの治療に使用されています。

リグロス利点と欠点

リグロスの適応症は「歯周病の基本治療が完了している方」「顎骨が縦方向に深く破壊されている方(垂直的骨欠損)」を対象としています。

利点・メリット

  • 歯周病によって失われた骨が取り戻せる。
  • 歯を支えていた骨が再生されることにより抜歯を回避でき、歯を残せる可能性が高くなる。

欠点・デメリット

  • 歯周組織が再生するまでの期間が長い。
  • 全ての部位に適用できるわけではない。